文学評論

ゲーテと私

ゲーテのファウスト 原色のような言葉たちに彩られた物語私はその目も覚めるような直接的な表現の数々に現実の世界には無い刺激を覚える。私たちの世界は、今あまりにも的を得た言葉を求めてはいないだから、まるで靄(もや)のかかった言葉ばかりだ。そんな…

(読書感想)わたしの中のカフカ カフカ「変身」を読んで(ネタバレ注意)

ある朝、グレゴール・ザムザがなにか気がかりな夢から目をさますと、自分の寝床の中で一匹の巨大な虫に変わっているのを発見した。彼は鎧のように堅い背を下にして、あおむけに横たわっていた。頭をすこし持ち上げると、アーチのようにふくらんだ褐色の腹が…