(おすすめ)ヒマが想像性を作る。

私は、絵を描きます。詩も書きます。音楽も、弾けはしないけど、メロディーが降ってくることがあります。

 

私は、創造的なことが大好きです。

そのために私は、あえて「ヒマ」を作ります。

 

ヒマがあると、人は創造的なことをし始めると思っているからです。

 

私の個人的な見解ですが、

芸術のはじまりともいえる「土偶」が生まれたのも「ヒマだったから」だと思っています。

人は最初、狩猟民族でした。

安定的に食糧を得られるとは限らない生活のため、人々は常に獲物を追い続けていました。

しばらくして、私たちは「農耕民族」になりました。

安定的な食糧。決められた時間働けば、食糧を得られる。

そして、私たちは食糧と共に「ヒマ」も得ました。

 

だから、「土偶」を作り始めました。

 

舞台は変わり、ローマ。帝国が栄えていた時代。

ローマ人は、奴隷が雑用をすべて行うので「ヒマ」でした。

ヒマだと人は、ある意味無駄なことを考え始めます。

そして、ローマでは、哲学が発展しました。これも創造性です。

 

そう。ヒマがあると、人は創造的なことをし始めるのです。

「創造的なことがしたいなぁ」

「趣味があっていいなぁ」と思う人は、

あえて「ヒマ」を作ってみるのはどうですか?

 

ヒマを作ると、余計なことばっかり考えて、

それを外側に発散しないと自らを保っていられなくなると私は思うのです。

 

私がこの世で一番恐ろしい言葉は

「ヒマつぶし」です。