(ニュース)東京、新宿区に草間彌生美術館 10月1日開館

草間彌生といえば、

「草間彌生」の画像検索結果

このカボチャで有名な人だ。

 

その草間彌生の美術館が、10月1日に開館するという。

私はこのニュースを聞き、うれしくて仕方がなかった。

私は、最近現代美術館で行われた「草間彌生展」で魅了された人間だったからだ。

 

はじめての出会いは、教科書だった。

日本の芸術の歴史に並べられたそれは、

「描けそう」という印象でしかなかった。

 

それから私の意識に、草間彌生という人が入ってくることはなかった。

「水玉のカボチャの人」という認識で私は最近まで暮らしてきた。

 

だが、今年、ある人に誘われ「草間彌生展」に行った。

正直、私の目的は、同時に行われていた「ミュシャ展」だった。

おいしいものはとっておく派の私は、

「先に、草間彌生展がいいな」と言った。

 

チケットを係員に渡し、展示室へ歩いていく。

そして、衝撃をうけた。

絵から生命を感じた。線がもぞもぞと動きだし、迫ってくるように感じた。

 

音声解説も聞いていたので、私の聴覚は遮断され、

たくさんの人がいるはずなのに、まるで一人のように感じた。

私は確実に彼女の世界に「飲み込まれていた」

 

良かった。

 

私は、感動にうちひしがれ

展示室を出たすぐのところにあるお店で、

草間彌生展」の画集を買おうと手に取った。

 

ぺらぺらとめくる。

感動が来ない。それは、はじめて草間彌生の絵を教科書でみたときと同じ感覚。

私は、画集を閉じた。

 

実物でみるべき絵というものがある。

その後行った「ミュシャ」は、画集になっても大丈夫な作品だと思う。(実物はやはり、良いが)「ミュシャ」の画像検索結果

 

だが、草間彌生の絵は、実物じゃないとダメだ。

 

開館は来月。待ち遠しい。