俺の人生、ローアングルで撮るか、ハイアングルで撮るか。

「皆、自分の人生という物語の主人公です」

耳が腐るほど聞きあきた文句

俺は、自分以外の人生でも目立ちたいんだよ

主人公とは言わないが、ロッキーのアポロくらいになりたいのさ

目立った先になにかあるんじゃないかと、キラキラしたものがあるんじゃないかと思える

でも、そんなものないのかもしれない

ハリウッドスターは世界で一番目立ってるやつらだけど、世界で一番幸せとは言えない

けっこう大変そうだぜ

もう一度考えてみた

「皆、自分の人生という物語の主人公です」

しょうがない。自分の人生だけで我慢してやるか、他人の物語を邪魔するのは良くない

じゃあ、この物語、どうやって撮るかを考えよう

ハリウッド的に?フランス的に?

インド的に、人生の歓喜シーンで踊らせるのも悪くない

アングルはローアングルを多用したい、

俺はいつも皆を下から見上げてる

空を意識してる

カット割りは、長回しがいい

長回ししてないと意味がわからない

一瞬をとらえるだけじゃ、意味をとらえきれない

いい映画になりそうだ

大衆受けはしないだろう

廃盤になるだろう

だが、中古屋で偶然買ったら

なかなか気に入りの一枚になる部類

 

しかも、DVD ってのはキラキラして目立ってる

裏側がキラキラしてる

表はキラキラしてない

俺の目指すところじゃないか

 

f:id:ningen2:20171001071242j:image

おわり