行列に並ぶ、先になにがあるかは知らない。

行列に並んでる。

ずいぶん長いこと。

 

実は先になにがあるか知らない

だが、損をしたくない俺は

行列を見つけて並んじまった

 

長いこと並んでる

そのせいで離れるのが怖いのさ

離れれば、

今までの並んでた時間を失うことになる

だから、損したくない俺は並んでる

 

風船を持った子供が、

行列の横を風のように駆けぬけていった

 

あの赤い風船は、どこから来たのだろう

そこはきっと楽しそうだ

 

「もう行こう」

 

手を握られ、行列からはずれた

 

「この行列は、もしかしたら天国へ行く整理券を配ってるのかもしれないよ」

 

確かにそんな気がする

 

閉園する前に、風船をみつけなくちゃ

 f:id:ningen2:20171006200550j:plain

おわり