地下鉄に乗って

地下鉄って不思議な感じさ

外が見えない

本当に目的地に向かってるのか分からない

もしかしたら、電車が止まったら

そこは知らない世界かもしれない

 

連れてって

誰も知らないところ

素敵なところ

 

そこは、ワイファイも届かないだろう

誰の連絡も無視していいんだ

そこにいけば俺たちを縛るものは無くなる

 

メールも返さなくていい

電話も返さなくていい

 

「こんなにも縛られていたか」と気づくはず

 

耳鳴りがする

これは、別の次元へ行くための

ワープで発生する現象か!

ああ、さようなら

俺はもう皆と会えない

でも、幸せになるよ

 

・・・・

 

お、目的地についてしまった

降りなくちゃ

妄想の旅も終わり

ひと時だったけど、なかなか楽しめた

妄想もたまには悪くない

 

地下から地上にでる階段をのぼると

外は真っ青な空だった

 

世界が俺を歓迎している

 

「ただいま」