やわらかくて丸い物体

つの丸い物体がある。

はねたり、とんだりしている。

どうやら、やわらかいようだ。自分のやわらかさをゴムのように使い、はねている。

そこへ、もう一つ丸い物体が現れた。

ドンっとぶつかってきた。やわらかい丸い物体は、はじき飛ばされてしまった。

やわらかい丸い物体は、ぶつかってきた丸い物体と距離をとっている。

そこへ、さらに丸い物体が現れ、ぶつかってきた丸い物体にぶつかった。

どちらもやわらかい丸い物体ほど、飛ばされない。

さらに何度もぶつかることを繰り返している。

遠くにいたやわらかい丸い物体は、近づいてぶつかっていた丸い物体とぶつかった。

また飛ばされてしまった。やわらかい丸い物体は、軽いのだ。

軽くてやわらかい丸い物体は、それ以上ぶつかることはやめて、離れていった。

すると、軽くてやわらかい丸い物体の前から、やわらかく跳ね回っている丸い物体が近づいてきた。すると、軽くてやわらかい丸い物体は、同じように跳ねた。

すると、やわらかく跳ね回っていた丸い物体は、もっともっと跳ねた。

互いに跳ね回り、どんどん高く跳ねられる軽くてやわらかい丸い物体になっていった。

 

 

物は、接触を繰り返すごとに自身の特性を学ぶ。

だからこそ、接触には意味がある。