子供と種

タンポポが無数の子供たちを風に乗せた

根を張ることのできない場所で旅を終えたものもいる

ゆりかごのような大地にたどり着いたものもいる

様々な種があり、根付くものはわずか

根付いても、次が続くとはかぎらない

朝が来て、また同じ毎日

やることは一つ。言葉を残すこと

根を張ることのできない場所で消えた言葉がある

根付いたものもある

様々な言葉があって、根付くものはわずか

根付いても、次が続くとはかぎらない

子供たちの繁栄を望んでも、

壊れない壁があって

それに阻まれ楽園へゆけない

風よ吹け

全てをさらってしまう風

壁の向こうの楽園へ子供たちを連れてって

根を下ろした私はそちらへはいけない