ダブルスタンダードと私

自分の抱える問題が抱えきれないほど大きくなってきた

宇宙のことを考えるよう

アマゾン何億杯分の雨が降り続ける星があるらしい

ダイヤモンドでできた星があるらしい

太陽系はたった一つの銀河で、銀河はたくさんある

宇宙は大きい

宇宙からみたら、私がどこに住んでるかもわからない

問題なんかほっぽりだして、星を見に行きたくなってきた。

ほっぽり出せるなら私的には上出来、そこから逃げられないときは重く考えすぎてるとき。

少ししたらまた戻ってこよう。

新しい空気をまとってさ。

 

宇宙のことばっかり考えすぎて、

自分の問題なんか世界にとってどうでもいい問題に思えるようになることもある。

自分の存在が小さく思えすぎて、なにもやる気が起こらなくなったら

中学生の頃聞いてた音楽を聞こう。好いた惚れたの物語。正義と悪の物語。

地球の塩は、宇宙じゃダイヤモンドなんかより価値があるらしいって漫画「コブラ」で言ってた。

宇宙的にみても、私という存在は珍しいのかもしれない。

 

うまくバランスをとろう

紙飛行機は遠くまで飛ぶためにはバランスが大事

追い風のときは風にのろう

 

大きさと小ささのダブルスタンダード

甘いものを食べたら、

しょっぱいものを食べたい。のダブルスタンダード

 

いつも言ってることが変わるってよく言われるけど、

そんなに単純に生きてない。

 

大きい動きで私をみて、

そこには一つの流れがある。

私の魂が奔(はし)ってるはず。