嘘と輪郭

口に出してはいけないと、秘密の過去がある。

その過去は、今の私の世界に存在しないことになっている。

私にあんな過去は無かったことにするため行動してきた。

あの過去は誰にも知られてはいけない。

でも、それが私を形作った。

その過去は私の輪郭。私をしっかりとみつめる人がいれば、秘密は知られるだろう。

秘密を隠すため、私は嘘を身にまとう。

美しい衣装を身にまとい、誰にも嫌悪感を抱かせないようにする。

求められても、素肌に刻まれた傷をみせることはできない。それはあまりにも醜い。

嘘を身にまとった体では、風を感じることはできない。

子供の頃、素足で感じた泥のなめらかさを感じることはできない。

でも、身にまとった衣装は、私が選んだ。過去が作り出す輪郭はどこまでも消せない。

嘘もまるごと包み込むのが、人間には必要。

嘘ごとまるごと飲み込んで、やっと人間になる。

私は嘘をつく。

私の輪郭を作っている過去は、輪郭を作ったことを誇らしげに語りたくて体から飛び出そうとしている。

嘘をつくけど、真実は消せない。